色々な方法で製造、販売、保存されている青汁。それぞれどのようになっているの。

      2017/06/19


青汁は色々なタイプで製造、販売、保存されています。

例えば、粉末タイプは水に溶かして飲むタイプのものなどです。

また、ドリンクタイプをそのまま冷凍して販売されているものもありますよね。

今回は、どのようにして製造、販売、保存されているのか。

青汁のタイプを紹介したいと思います。

保存に最適な粉末タイプ

粉末タイプの青汁のメリットは、何と言っても保存がきくことにあります。

また、飲みやすいフレーバーに仕上がっていますので、粉末パウダーとして、色々な食べものに使用することもできます。

例えば、アイスやヨーグルトですね。

ただし、粉末への加工時に加熱処理を行うので、ビタミンを含む野菜そのものの栄養素は減ってしまいます。

すっきりフルーツ青汁は、この粉末タイプのものになっています☆

栄養重視で選ぶなら冷凍タイプ

冷凍タイプの青汁は、絞りたての青汁を、鮮度の高いまま冷凍しているので、栄養素は壊れることはありません。

また、水溶性の食物繊維も豊富なので、野菜に一番近い状態で飲むことができます。

デメリットとしては、解凍する時間を考慮しておかないと飲みたい時に飲めなくなってしまいます。

解凍した青汁の再冷凍は、栄養価が激減するのでおすすめできません。

美容、ダイエット目的で選ぶならフルーツ青汁

美容、ダイエット目的で一番人気があるものはフルーツ青汁です。

最近の健康ブームの波に乗り、また「青汁+フルーツ」ということで若い世代の方から人気が高いです。

アオイちゃん
私も流行に乗って、すっきりフルーツ青汁飲み始めました。

今ではその魅力にどっぷりハマっています 笑

本来の青汁成分の他、80種以上の酵素や、美容にいい乳酸菌などが含まれています。

食前に飲んで食欲を抑えたり、食事に置き換えて飲むこともできるダイエットサポート食品に位置付けられます。

味も甘すぎることなく、程良くフルーツ味が楽しめます。

もちろん、フルーツ青汁を飲むだけで痩せようとすると確実に栄養不足に陥ります。

フルーツ青汁は普段の食生活で補えない栄養素を摂れるに過ぎず、3食しっかり食べて、バランスの良い栄養素を摂ることが大事です。

また、飲みすぎるとお腹をこわしてしまう人もいるので一日2包の摂取が限度です。

フルーツ青汁は体質改善が目的なので即効性はないです。

腸内環境を整えたい人には乳酸菌入りがおすすめ

成分に、乳酸菌を加えた青汁の商品があります。

粉末タイプには、主に植物由来の乳酸菌が使用されていて、粉末タイプの青汁に乳酸菌が特に加わっている、というタイプの物が多いようです。

青汁成分を効率よく吸収するために、乳酸菌で健康な状態の腸を作る、というのが主な目的です。

他にも、便秘の解消や美肌作りに効果があります。

本来、乳酸菌は青汁には含まれていない成分なので、加わっていることによりお値段も通常の粉末タイプの青汁より多少お高めになります。

アナタはどの青汁がタイプですか?

 - 青汁とは?青汁について


公開日:2017年3月17日