すっきりフルーツ青汁 運動

今、芸能人やモデルの間で人気が高い、すっきりフルーツ青汁についての効果や口コミを紹介。美容、健康、ダイエット効果は本当なのか?「痩せない」、「効果なし」という噂の真相は?実際に買って、試してみました!

効果が違う!?すっきりフルーツ青汁は運動前と後どちらに飲めば良い?

      2017/10/13


すっきりフルーツ青汁で、より効果的にダイエットしたいのであれば、毎日の中に運動を少しでもプラスすることが大切です。

では、すっきりフルーツ青汁は運動前と運動後、どちらで飲めば、より効果アップを期待できるのでしょうか。

すっきりフルーツ青汁ダイエットはリバウンドするの?

すっきりフルーツ青汁は運動前と後どちらに飲めば良い?

運動をする前と後では血液の流れに違いがあります。

運動後は血行が促されている状態なので、身体がほど良く温まっています。

すっきりフルーツ青汁には、野菜や果物などから抽出された80種類以上もの酵素が配合されています。

酵素の働きの一つである脂肪分解を高めるためには、身体の血行を促し、身体を温めることとが大切です。

運動後は血行が促されている状態なので、酵素の働きがより高まります。

酵素ってどんなもの!?美容、ダイエットに効果的と言われる訳

このことから、すっきりフルーツ青汁は運動後に飲む方が、より効果を期待することができるでしょう。

アオイちゃん
氷を入れて、キンキンに冷やしたものを運動後に飲むなんて、最高の幸せを感じられるでしょうね☆

継続しやすく、軽い運動がおすすめ

すっきりフルーツ青汁は水に溶かして飲むタイプの健康食品なので運動後に手軽に飲むことができます。

おすすめなのは、ハードな運動よりも、ジョギング、ウォーキング、長めのストレッチなどの軽い運動の方が身体に優しく、継続しやすいです。

軽い運動の後に飲むすっきりフルーツ青汁は、水分を欲する状態となっているので、よりおいしく感じることでしょう。

ダイエットを楽しんで実践することができれば、ストレスを感じることが少なくなり、途中で挫折することも少なくなるでしょう。

少しずつかもしれませんが、理想の体型に、一歩ずつ、そして着実に近づくことができます。

アオイちゃん
運動を頑張るのも良いですが…、
アオイちゃん
頑張り過ぎて、途中で挫折したら、結局は意味ないですよね。
だから…、軽くても良いので、続けやすい運動を選んだ方が良いです。

ダイエットに運動をプラスすることの効果

血行が良くなることで代謝が促される

運動すると血行が良くなります。

逆に、血行が良くないと体内の脂肪分解の働きが低下してしまいます。

脂肪分解を促すためには、野菜や果物などから十分な酵素を補う必要があるのですが、せっかく必要な酵素を補ったとしても血行不良で身体が冷えている場合、脂肪燃焼を期待することはできません。

体内の酵素の働きを高めるためには血行を促すことが大切です。

ダイエット中は十分な酵素を補うと同時に、適度な運動を毎日の中にとり入れることが重要なポイントです。

運動して筋肉がつくくことでカロリーが消費されやすくなる

筋肉は多くのエネルギーを必要とする体の組織なので、身体に筋肉がついているほどカロリーが消費されやすくなります。

筋肉をつけるには運動をする必要がありますが、短期間ですぐに筋肉がつくわけではないので、毎日継続的に運動を続けることが大切です。

また、せっかく筋肉をつけても運動をしなくなれば筋肉が落ちてしまうので、できるだけ無理なく毎日継続できる運動で筋肉をつけると良いでしょう。

プロテイン成分配合のフルーツ青汁「ゴクリッチ」で効率良いダイエット

すっきりフルーツ青汁+運動で効果的なダイエット


ダイエットには、食事制限だけでなく運動も大事です。

運動は有酸素運動と無酸素運動の2つに分けることができ、このうちダイエットに効果的なのは有酸素運動です。

有酸素運動とは?

有酸素運動とは、文字通り酸素を取り込みながら行う運動で、ウォーキング、ジョギング、エアロバイク、サイクリング、水泳などが有酸素運動に該当します。

簡単に言い表すと「瞬間的な負荷は低くても、ゆったり持続する運動」となります。

およそ20分以上の運動であれば有酸素運動となり、通勤のため歩くだけでも20分以上となれば有酸素運動と言えます。

なぜ、20分以上してこそ意味があると言うのか。

20分経つと脂肪がエネルギー源として使われるからです。

有酸素運動のために使うエネルギー源として、まず初めに糖が消費され、その次に脂肪を使うようになります。

つまりダイエットに直接効いてくるのです。

糖質を制限するダイエットの意味もこういったところにあるのです。

無酸素運動とは?

無酸素運動とは、糖質をメインとする運動で、具体的には「短時間・瞬発的な運動」です。

数回だけボールを投げる、ダッシュする、重いものを瞬時に持ち上げるなどが該当します。

筋肉をつける効果はありますが、これのみだとダイエットには非効率的です。

もちろんこのタイプの運動も、一定時間連続しておこなえば有酸素運動となってきます。

瞬間的な運動でも脂肪燃焼は多少なりともありますから、極端な話、1分間の運動を20回/日してもダイエット効果はゼロではありません。

しかし身体が熱くなってくる感じ(脂肪燃焼が起きている)はやはり20分前後で感じる人が多いです。

運動と深い関わりを持つ酵素

有酸素運動と酵素は密接に関わっています。

運動をして脂肪を燃焼させるにも、酵素がしっかり働いていないと効率が悪くなってしまうのです。

たとえば朝にすっきりフルーツ青汁を摂取した後に運動すれば、朝のウォーキング、あるいは通勤を兼ねてのウォーキング・サイクリングなどで脂肪燃焼効率が良くなるのです。

では、「何かしらの酵素をとにかく摂取すればいいか?」といえば、そうではなく、様々な食材から様々な酵素を得ることが大事です。

その点では80種類以上の酵素を含有しているすっきりフルーツ青汁は、有酸素運動と組み合わせたダイエットにもとても合うものです。

無酸素運動では効果が出ない?

無酸素運動は、ダイエットにはあまり強い効果がないのか、と言われれば、そうではありません。

無酸素運動は、どちらかと言えば筋肉を増やしていくのに効果的な運動とされます。

ですが、決して無駄なものではなく、筋肉が付けば代謝が良くなり、太りにくい体質となっていきます。

また、筋肉をつけることにも酵素は深く関わっています。

「酵素たっぷりのすっきりフルーツ青汁を飲み、有酸素運動を基本としつつ時々無酸素運動」ができれば、より理想的なダイエットの形となります。

食べ物の消化で使われるエネルギー

なお、「食べたものを消化する」ことでもエネルギーは使われるもので、広義で言えば、食べ物を消化することだって運動の一つなのです。

「食べすぎてしまい、どうしても痩せられない」とする人では、多くの量、多くの時間に食べて、それらを消化することに身体のエネルギーが使われ、脂肪燃焼などが起きないというサイクルになっているのです。

しかし、1包わずか11.7kcalのすっきりフルーツ青汁を1日の食事の内の1食でも置き換えれば、この「消化する」エネルギーを大幅にカットできるのです。

「かなり太り気味…」と感じる方は、ひとまず控えめなトレーニングから始めたほうが何かと安全です。

すっきりフルーツ青汁なら身体全体へのサポート効果がありますし、まずは置き換えダイエットで少し痩せてから本格的な有酸素運動へ、という流れも、無理なく始めやすい方法だと思います。

 - ダイエットと運動


公開日:2017年3月29日